987ボクスター 追加メーター

投稿日: コメントするカテゴリー: サービスパーツ情報ファクトリー

987ボクスターに追加メーターのご依頼をいただきました。

ポルシェに追加メーターは過去にもそんなに例はありません。

最近のポルシェはみなCANを使ってメーターを動かしているようです。

製品によってはCANプロトコルが合えば表示できるメーターがあるそうですが、

今回はオーナー様が持ち込んだDefiのリンクメーター4個とタコメーターの装着です。

追加メーターはタコメーター以外にバキューム、水温、油温、油圧の合計5個。

 

タコメーター以外はベースを作ったりなんだりでそれぞれのセンサーを取り付けました。

ボクスターは気軽にエンジンルームを開くというわけにいきません。

できるだけメンテナンスフリーを心がけます。

 

タコメーターはエンジン回転数を拾う場所がなく、

結構苦労しましたが、何とか動かすことに成功。

オーナー様は昔の国産スポーツカーの時代を思い浮かべてご満悦のようでした。

 


Kジェトロ メンテナンス

投稿日: コメントするカテゴリー: サービスファクトリー未分類

Kジェトロニック = 機械式インジェクション

80年代後半くらいまで欧州車に多く採用されているインジェクションです。

         これはF328のフューエルデスビです。

 

最もスタンダードなBOSH製Kジェトロの主な構成パーツは、

フューエルディストリビューター

ウォームアップレギュレーター

インジェクタノズル

の3点があります。

中にはKEジェトロニックという方式のものがあり、

こちらはウォームアップレギュレーターがありません。

 

ここ2年くらいでしょうか、

Kジェトロニックの不調で入庫される車両が増えてきました。

不調の原因はほとんどが燃料の詰まりが多く、

画像のようにわずかな異物が調子を崩してしまっています。

永い間エンジンをかけずにおくとこのように…

 

長期間保管され、数年にわたってエンジンを動かしていなかった車両に多く見られます。

個人的にこのKジェトロ、

調子のいい車両が少なく、皆さんなにがし不満を持ってる方が多いように思えます。

が、実はしっかりメンテナンスしてやれば相当いい機構であるのが体感できます。

1970年代から1980年代にかけて多くの車両に採用されているKジェトロですが、

この年代の良きデバイス、しっかりメンテナンスしてはいかがですか?

 


Morris クラッシックカー

投稿日: コメントするカテゴリー: サービスファクトリー

何年前の車でしょう?

おそらく1930年代から50年代くらいと思います。

画像を見ると解りますがサイドバルブのエンジンです。

実際見たのはこのエンジンが初めてです。

エンジン掛けるとクーラントがパシャパシャ出てきます。

ヘッド面研とシリンダーブロックデッキ面研磨のためエンジンが降ろされています。

私の担当は・・・

ヘッドガスケットの捜索あるいは製作です。

このエンジンにはサイフォン式と言ってクーラントを循環させるポンプがありません。

????がいっぱいのエンジンです。

話のネタになるかな?


フェラーリ308 エアコンコンプレッサー

投稿日: コメントするカテゴリー: サービスファクトリー

フェラーリ308のエアコンの修理です。

今回はオーナー様のご希望で車両全体を映し出すことができませんが、

フェラーリ308のエアコンコンプレッサー、

車種によりYOAKというレシプロ式のエアコンコンプレッサーが採用されています。

ただ、このコンプレッサーはフリクションロスが大きく、

古くなるとガス漏れなどのトラブルをたくさん抱えてしまい、

308オーナー様には頭の痛い部品です。

そこでこのレシプロ式のコンプレッサーを、

今風のロータリー式に変換することにしました。

この作業はコンプレッサーの位置関係を定めたり、

その他いろいろノウハウの必要な作業になりますが、

装着後はコンプレサーロスが少なく快適に夏場を過ごせるようになります。


アルファロメオ 159セレスピード クラッチオーバーホール

投稿日: コメントするカテゴリー: サービスファクトリー

アルファロメオ159

突然動かなくなり緊急入庫です。

調べるとどうもクラッチの様子がおかしかったのでクラッチ交換することに。

ミッションを降ろし、

クラッチを外すとこの通り、

 

見るも無残にクラッチが減っていました。

ダブルマスのフライホイールも固着状態で交換、

レリーズも交換です。

  

その他調べてみると、

ラジエターとウォータラインからも冷却水の滲みがあります。

これらの補修も進めることにしました。

アルファロメオのセレスピードは乗り方でクラッチの寿命が相当変わります。

クラッチオーバーホール時には同時にクラッチフルードと作動オイルも交換しましょう。

  

最後はテスターを使用してキャリブレーション、

試運転で正しく動作することを確認出来たら終了です。


販売車両情報 ポルシェ911カレラ 84y 

投稿日: コメントするカテゴリー: ユーズドカー未分類

85年式 911カレラが入庫しました。

エンジン、トランスミッションとも絶好調な個体です。

 

PORSCHE 911 CRERRA

基本スペック
モデルまたはグレード 911CRERRA
車体末尾番号
排気量 3200cc
エンジン種別 ガソリン
駆動方式 2WD
ハンドル
ミッション フロア5AT
乗車定員 2名
ドア数 2
その他の装備 パワーウインドウ、本革シート、アルミホイール
個体情報
年式(初年度登録年) 1984y(S59)
走行距離 120000Km
修復歴 なし
定期点検記録簿
禁煙車
リサイクル料 リ済別
エコカー減税対象車
車検 検査受け渡し
価格
車両本体価格 応談
法定整備費
保証 なし

 

内装は若干手直しが必要ですが、

車両自体は非常に良いコンディションです。

特にエンジン、ミッションは調子良いです。

早いもん勝ちです!!

価格はお問い合わせください!!

 

 


ポルシェ パナメーラ デイライトコーディング

投稿日: コメントするカテゴリー: サービス未分類

ポルシェに人気のデイライトコーディングです。
今回はオンボードでもオン、オフできるように設定させていただきました。

 


デイライトの効果は多くの方に周知されています。
ファッションのみならず安全面でも大きく貢献します。

 

一緒にワンタッチウィンカーの点滅回数を3回から5回に変更しました。


R35 GT-R 構造変更検査

投稿日: コメントするカテゴリー: サービスファクトリー

GT−Rの構造変更検査をしました。

この車輌には、

パット見た目は純正の様に見えますが、

よく見ると

KANSAIサービスさんのフロントワイドフェンダーが装着されています。

あまりに出来上がりが美しいので気がつきにくいかもしれません。

リヤにはトップシークレットさんのオーバーフェンダーです。

純正のホイールを装着すると、

そのワイドぶりが改めて良く解ります。

車幅が1920mmまで増えています。

無事合格しました。