Kジェトロ メンテナンス

投稿日: カテゴリー: サービスファクトリー未分類

Kジェトロニック = 機械式インジェクション

80年代後半くらいまで欧州車に多く採用されているインジェクションです。

         これはF328のフューエルデスビです。

 

最もスタンダードなBOSH製Kジェトロの主な構成パーツは、

フューエルディストリビューター

ウォームアップレギュレーター

インジェクタノズル

の3点があります。

中にはKEジェトロニックという方式のものがあり、

こちらはウォームアップレギュレーターがありません。

 

ここ2年くらいでしょうか、

Kジェトロニックの不調で入庫される車両が増えてきました。

不調の原因はほとんどが燃料の詰まりが多く、

画像のようにわずかな異物が調子を崩してしまっています。

永い間エンジンをかけずにおくとこのように…

 

長期間保管され、数年にわたってエンジンを動かしていなかった車両に多く見られます。

個人的にこのKジェトロ、

調子のいい車両が少なく、皆さんなにがし不満を持ってる方が多いように思えます。

が、実はしっかりメンテナンスしてやれば相当いい機構であるのが体感できます。

1970年代から1980年代にかけて多くの車両に採用されているKジェトロですが、

この年代の良きデバイス、しっかりメンテナンスしてはいかがですか?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です